雪塩

雪塩というのは、宮古島で生まれた真っ白なパウダー状のお塩で、ミネラルの種類が豊富な海の粉末です。雪塩には、通常の製塩法で取り除かれる、にがり成分がしっかり含まれていて、まろやかな味になっています。にがりを含めた海水中の成分をできるだけ残す事にこだわっていて、真水に溶かすと、魚が生活できる海水に変身します。魚が生活できるということは、安心して口にできる証拠です。雪塩は、宮古島の地下の特徴を活かした海水からでないと生まれない塩で、珊瑚石灰岩を、時間をかけて浸透した地下海水を原料として独自の製法で仕上げています。ニガリのほとんどを含んでいることから、ミネラル成分が非常に豊富です。

 

雪塩は、宮古島の地下海水の成分を、何も足さず、

何も引かずに固形化することを目標としていて、

人為的な成分は一切加えていません。

海水の成分バランスに非常に近い塩で、おにぎりや天ぷらのつけ塩に使ったり、

普通の塩としても使用できます。海水の成分をたくさん含んでいるので、

塩味を求めるような料理には不向きですが、奥行きのある味わいがあります。

肉や魚にすり込んでおけば、ミネラルが浸透して旨味が出ます。

コメントを受け付けておりません。