ヒマラヤ岩塩

ヒマラヤ岩塩とは、3~5億年前に作られた塩の化石で、化学物質などに一切汚染されていない岩塩になります。不思議な色をした、ミネラル分がしっかり詰まった濃い塩で、鉄分、カリウム、カルシウム、亜鉛、マンガン、イオウなどが豊富に含まれています。イオウの含有量が高いことから、ヒマラヤ岩塩をお湯に溶かすと、温泉気分を盛り上げてくれます。ヒマラヤ岩塩でできた風呂は温泉そのもので、自宅のお風呂を温泉にすることができます。疲れた時にピッタリです。

 

浴槽にお湯をはる時、一回りほど小さくなったぐらいの適量でOKで、イオウの香りがしてき

て、あっという間に温泉ができあがります。ヒマラヤ岩塩は、ヒマラヤ山脈の麓から採掘され

る、太古の時代の岩塩結晶で、その誕生の歴史は白亜紀よりも遥か以前に遡ります。

ヒマラヤの造山運動の際、湖塩であった塩の結晶は地下深くに埋没し、岩塩の結晶に

生まれ変わりました。ヒマラヤ岩塩は、まさに現代に蘇る地球のエネルギーの1つと

言えます。インド、パキスタンなど近隣諸国においては、ヒマラヤ岩塩は食用として

使用され、二千年以上もの間、人々の生活を支えてきました。

コメントを受け付けておりません。