赤穂の天塩

赤穂の天塩は、古くからある塩で、江戸時代からあります。にがりを含んだあら塩で、オーストラリアの海水を自然の力で塩田濃縮しています。天日塩とにがりを原料としていて、350年前から作られています。赤穂の天塩は、素材の味を引き立てる塩で、にがりの主成分のマグネシウムが、色んな料理に繊細な味を醸し出してくれます。また、野菜をおいしく発酵させ、歯切れの良い漬物に仕上げてくれます。赤穂の天塩を使えば、その発酵作用により、良い漬物が完成します。そして、塩本来の働きを促してくれます。にがりを含んでいるので、食材に対して溶解性、付着性に優れています。うまみを調整し、浸透、殺菌、保存など、塩本来の働きを最大限に高めてくれます。

 

赤穂の天塩は、赤穂に伝わる、にがりを戻す塩づくりで作られたとてもおいしい塩です。

海の恵みであるにがりが素材の味を引き出して料理の味わいを深めてくれることから

、世界料理サミットでは、オフィシャルソルトに認定された実績があります。

まさに、日本ブランドの調味料として君臨する逸品で、

一流シェフからも認められています。

コメントを受け付けておりません。